スポンサードリンク

低所得者への現金給付拡大を検討

来年4月に消費税率を8%に引き上げる場合の低所得者への現金給付について、政府・与党が対象者の拡大を検討しているようです。

消費税率の引き上げに関する法律には、来年4月に消費税率を8%に引き上げる場合、低所得者対策として一定の所得以下の人に現金を支給する「簡素な給付措置」を行うことが盛り込まれています。

 

政府・与党では、これまでの案に加え、新たに住民税が課税されていない人のうち、65歳以上の「無年金者」にも5000円を支給する方向

復興特別法人税の廃止をめぐり、与党から異論が相次いでいることから追加対策の一環として検討されており、ギリギリの調整が続いているようです。

引用:http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20130927-00000067-nnn-bus_all

まあ65歳で無年金だったら厳しいでしょうかね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ