スポンサードリンク

消費税増税での給付は1人1万円給付で調整へ

東京オリンピックの開催が2020年にきまりましたね!

そんな中、消費税増税に関するニュースが入ってきました。

低所得者に一人1万円消費税が10%に上がるまでの1年半、給付するという話です。

[deco_bg image=”postit1″ width=”500″]

政府、与党が、来年4月に予定通り消費税率を5%から8%へ引き上げる場合に所得の少ない人に一時金を配る「簡素な給付措置」に関して、2015年10月に税率が10%に上がるまでの1年半分の給付額を1人当たり1万円とする案を軸に調整に入ることが10日分かった。

与党関係者が明らかにした。

自民、公明両党は9月中にも与党税制協議会を開き、本格的な議論を始める。

安倍晋三首相は10月1日にも消費税増税の是非を最終判断するが、増税する場合は景気対策として補正予算の編成を指示する方針で、簡素な給付の財源措置も盛り込む方向だ。

引用:http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013091001001393.html

[/deco_bg]

 

低所得者といことですがボーダーラインはどこになるでしょうか?

一人1万円毎月ですからね。ばら撒きとまたいわれるのか、どうなるのでしょうか。

分かり次第また情報を追っていきます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ