スポンサードリンク

衆議院選挙で消費税10%はどうなる? 中止?継続?

10月22日が投票の衆議院選挙ですが、消費税10%がどうなるのか気になるところです。

いまのところ消費税は2019年10月に10%に上がる予定です。
安倍首相はそのままですが増収分の使途を子育て支援や教育無償化へと掲げています。

一方小池さん中心の希望の党はは、19年10月の消費増税の凍結を訴えています。

首相が解散の理由として訴えるのが、19年10月の消費税10%への引き上げによる増収分の使途の変更だ。借金の返済に充てる予定だった税収を活用し、2兆円規模の子育て支援や教育無償化を掲げる。核実験などの挑発行為を繰り返す北朝鮮への圧力強化や憲法9条への自衛隊の明記も主張しており、選挙戦の争点となりそうだ。

 民進、共産などの野党4党は、首相が学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題などの説明責任を果たしていないと反発し、首相の政治姿勢を問う構えだ。

 野党再編の軸となる希望は、19年10月の消費増税の凍結を訴える。「原発ゼロ」、議員定数の削減なども党基本政策に掲げており、今後詳細な公約づくりを進める構えだ

引用&抜粋https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS28H0I_Y7A920C1MM0000/

衆議院議員総選挙の日程

10/10(火) 公示
10/11(水)〜10/21(土) 期日前投票
10/22(日) 投開票

消費税増税はしてほしくないし、かといって子供の教育等へ資金が回らないのも嫌ですよね。難しいですがみなさんしっかり考えて選挙にいきましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ